ネット不正被害の補償

 インターネットショッピングの普及に伴ってカードの不正利用もクレジットカード本体ではなくクレジットカード情報を盗み出す手口が増えています。スキミングは磁気ストライプの情報を盗み出し、フィッシングはカード番号やパスワードをホームページを偽造して盗み出す犯罪です。こうしたネット不正の特徴は発覚までに時間がかかるという点です。クレジットカード本体が手元にあるため請求書が届いて初めて不正利用されたことに気が付くのです。通常のカード盗難保険はクレジットカード本体が手元にある場合には適用されないケースが多いので、ネット不正による被害を補償する保険が必要になります。最近ではこうした被害補償が付帯されているクレジットカードも多くなっています。ネットショッピングを利用する人はこうした補償があるかどうかを確認してから申し込みしましょう。