クレジットカード盗難保険

 クレジットカード盗難保険はほとんどのクレジットカードに付帯されている基本的な保険です。かつては銀行のキャッシュカードには盗難保険が付帯されていなかったのでクレジットカードのほうが安全だといわれていました。現在ではキャッシュカードでも盗難保険が付帯されているケースが多くなりました。クレジットカードはプラスティックマネーとも呼ばれていますが、ある面では現金よりも安全ということもできます。しかし盗難保険はすべての不正利用で適用されるわけではありません。基本的にはクレジットカード本体の盗難や紛失が対象なので、オンライン不正などクレジットカード本体が手元に残る場合は保険が適用されないケースがほとんどです。また、クレジットカード本体が不正使用された場合でもカード会員に過失があると保険は適用されないので注意が必要です。

 クレジットカード会員の過失は大きく分けてクレジットカードの管理に問題がある場合と、クレジットカードにサインをし忘れた場合があります。クレジットカードの管理には暗証番号などの情報管理も含まれます。クレジットカード本体を車の中に入れっぱなしにしたり、推測されやすい暗証番号を登録したりといった場合には保険は適用されません。キャッシングの悪用は暗証番号が必要なので、キャッシングを悪用されただけで暗証番号の管理が悪いと判断されます。クレジットカードにサインがない場合は間違いなく保険は適用になりません。磁気ストライプのクレジットカードではサインが会員を証明する証拠になります。そのサインがなければ自由に使ってもいいですよと言っているようなものだからです。クレジットカードが手元に届いたらまずサインをすることを忘れないようにしましょう。