ポイントサービスのしくみ

 ポイントプログラムはクレジットカードでショッピング利用した金額に対してポイントが付与され、貯まったポイントを商品交換やキャッシュバックなどで還元するしくみです。ポイントが効率的に貯められるかどうかはポイント付与によって決まりますが、高い還元を受けることができるかどうかは還元率で判断します。還元率はボーナスポイントやポイント倍増などのしくみで大きく違ってくるので、サービス全体をよく検討して判断することになります。ここではポイントプログラムを検討する要素について解説しているのでよく理解しましょう。  

ポイント付与率
 ポイントは利用金額によって付与されるのでなるべく低い金額でポイントが付与されると有利です。1000円で1ポイント付与が標準ですが、100円や200円単位で付与されるクレジットカードも多くあります。しかしいくらポイントが多く付与されても商品交換率が悪いと最終的な還元率は低くなります。ポイント付与は単価が低いほど無駄になるポイントが少なくなるという判断はできますが、ポイントプログラムそのものを判断する材料にはなりません。  

ポイント還元率
 1000円で1ポイント付与され200ポイントで1000円相当の商品に交換できるのが一般的です。この場合20万円利用して1000円還元されるので還元率は0.5%です。この還元率が高いほど優秀なポイントプログラムと判断することができます。高還元率と呼ばれるクレジットカードは最低でも1%の還元率となります。中には2%を超えるものもありますが、ポイント獲得が特定の店舗に限られるといった条件付のものもあるので事前によく調べる必要があります。また表面上の還元率は0.5%でもボーナスポイントや次年度のステージアップなどで最終的な還元率は1%前後になることもあるので、そうしたサービスもよく検討しましょう。

有効期限
 ポイントの有効期限も重要な要素です。有効期限までに交換できなければポイントが無駄になるからです。そのため有効期限がないポイントプログラムが有利ですが、有効期限がない場合は還元率はそれほど高くないのが一般的です。しかし楽天カードのように有効期限が実質的にないのにもかかわらず還元率2%というクレジットカードもあります。これは楽天市場内での利用に限られているからです。一般的には有効期限は2年~3年が標準です。この期間に最低交換ポイントに達するだけの利用をするかどうかが判断の目安になります。

ボーナスポイント
ボーナスポイントにはさまざまなしくみがありますが一般的には一定の金額に達するとボーナスポイントがもらえるというしくみです。また1年間の利用金額に応じて次年度のポイントを割り増しにするしくみもあります。いずれの場合も自分の利用金額を念頭に置いて判断することが必要です。いくらボーナスポイントが大きくてもそれだけ利用しなければ意味がないからです。