分割支払

 分割払いは支払回数を指定する支払方法で同じ分割でもリボルビング支払よりは計画的な利用が可能です。分割払いは日本だけの支払方法でクレジットカードの支払方法としては不向きといわれています。利用するたびに支払金額が増えていくからです。しかしこの特性を利用すれば計画的に利用することもできます。つまり高額な商品は分割払いを利用して完済するまでは次の高額利用をしないという方法です。なるべく短期の支払回数にすることで毎月の支払金額がダブると支払いが難しくなるようにすると効果的です。買いすぎの抑制になるからです。

 分割払いはもともとショッピングクレジットの支払方法をクレジットカードに応用したものです。ショッピングクレジットは商品購入のたびに契約をする必要があり、一人で複数の契約をすること前提にしていません。そのためある程度利用枠を決めて何度でも利用できるようにしたクレジットカードが普及するようになった経緯があります。しかしクレジットカードは逆にそれほど高額利用を前提にしていないということもあるので、高額商品を購入する場合はショッピングクレジットと併用するほうがいいでしょう。クレジットカードは小額利用を中心に利用したほうがメリットがあります。 高額商品を利用するとどうしても残高が大きくなり普段の利用に支障があるからです。