口座振替

 日本のクレジットカードの返済方法は口座振替が原則です。海外ではクレジットカードの発行は銀行が行っているケースが多いので小切手で支払うのが一般的です。しかし日本では銀行そのものがクレジットカードを発行するケースは少ないので、返済は口座からの自動引落が一般的になりました。振込用紙での支払いでは入金を確認するのに時間がかかることから口座振替による返済を条件にしたのです。今ではコンビニからの振込みではほぼリアルタイムに入金が確認できますが、給与所得者が多いことから毎月給料日後の一定日に引落をするほうが利用者としても便利ということもあります。

 口座からの自動引落は便利ですが月1回の支払いになるので必ず1か月分の手数料や金利がかかるというデメリットもあります。特にキャッシングは金利が高いので毎月の返済日前に一括して支払うと金利負担を軽減することができます。毎日コンビニを利用する人であればコンビニ支払いができるクレジットカードを利用して早めに返済することが手数料負担を軽減する得策です。