リボルビング支払

  リボルビング支払は最も注意して利用する必要がある支払方法です。リボルビング支払では毎月の支払金額を指定するため、残高が増えても支払金額のそれほど変化がありません。そのため手数料負担が大きくなっていることや残高が増え続けていることに気付きにくいという特性があります。すべての支払いをリボルビング支払で利用すると手数料負担はかなり大きくなってしまいます。そのためリボルビング支払は高額利用だけにとどめて1回払いの二次的な支払方法にするといいでしょう。最近ではリボルビング支払専用のクレジットカードや1回払いを自動的にリボルビング支払に切り替えるサービスがありますが、これらはクレジットカード会社の利益を考えたサービスです。利用する側はその点も考えて手数料負担を軽くする利用を心がけましょう。

  リボルビング支払専用カードの場合は毎月の支払金額を最大にして利用することをお勧めします。一般的には初回手数料が免除になるので1回払いとして利用することができます。ただし中には必ず手数料がかかるリボルビング支払専用カードもあるので注意しましょう。リボルビング支払専用カードで支払金額を最低にして利用すると、通常1回払いの公共料金なども分割払いとなります。こうした毎月の課金が3万円あったとして支払金額を1万円に設定すると毎月2万円ずつ残高が増えることになります。30万円の利用枠があっても1年と少しで残高がいっぱいになる計算です。1年しか利用できないクレジットカードでは意味がありません。毎月の支払金額を考慮して利用することが重要です。