キャッシング枠について

 クレジットカード審査ではキャッシング枠が大きな影響を与えます。貸金業法によって貸し出し金額の上限が年収1/3までに制限されることになったからです。法律的に実施されるのは2010年6月からですが、それ以前に大手のクレジットカード会社などは前倒しで実施しているようです。クレジットカードのキャッシングも貸金業法の規制対象となっているので、利用してなくても利用枠があるだけで融資の新規審査に影響を及ぼします。また既存のクレジットカードのキャッシング枠も年収の1/3を超えていると判断されたものは随時停止するという処理を行っています。

 今後はクレジットカードはショッピング専用として利用する方向になるかもしれません。クレジットカードの審査でもキャッシング枠がある場合には他社の融資残高やキャッシング枠のチェックなど余分の業務が発生します。それよりはキャッシング枠をゼロにして申し込みをしたほうがスムーズに審査を受けることができます。実際にキャッシング枠のないクレジットカードも既に発行されています。キャッシングを利用する場合にはカードローンなどなるべく金利の低いカードを持つことで金利負担を軽減できます。クレジットカードはなるべくキャッシング枠ゼロで申し込みするほうが今後は審査に有利になるでしょう。